岡山 KUKKA

居場所

居場所

不登校やその傾向にある児童生徒のための居場所

場所 倉敷市連島公民館(倉敷市連島西之浦497-1)
     086-448-0655
日時 毎週金曜日 14時~18時 (年末年始・祝日は休みです)
    12時に倉敷市に警報(暴風・大雨・洪水)が発令されていたら
    お休みです。
対象 不登校及びその傾向のある児童・生徒

内容 自由にすごすことのできる居場所です。学生ボランティアとの交流を通じて、人とふれ合う体験の場となっています。

    好きなことをして過ごせます。
    例えば
    卓球・ペタンク・公園遊び・散歩など、体を動かす遊び 
    ボードゲーム・読書・トランプ・おしゃべり・UVレジン・アクアビーズ・手芸・工作など

    
    

最近の様子 
感染症対策を行いながら、ゆったり過ごしています。
公園で体を動かしたり、カプラやトランプタワーに挑戦したり、おしゃべりをしたり、少人数で思い思いに過ごしています。
不登校の悩みなどを話しに保護者の方が来られることもあります。

クリスマス会
R3.12月17日にクリスマス会をしました。
クリスマスリースを手づくりしたり、それぞれ自由にすごしました。

クリスマスリース 
    
公園HP用.jpg

      参加者保護者の感想

居場所」の存在が、わが子にとっても私にとっても、大切な存在になっていて、ありがたいなぁ、と思っています。1週間に1回の楽しみになっているみたいです
 いろんな年齢の友だちやボランティアの方たちに関わってもらって、嬉しいみたいです。自由に好きなことをして過ごせるのも、魅力みたいです。
楽しいことだけでなく、わが子にとって、しんどい思いをすることもあるみたいですが、いろいろな経験をするのも人生勉強で、必要な経験なのかもしれないと思っています。
でも、しんどい時でもどこかに救いがあって、助けられているので、きっと「居場所」に続けていけているのだと思います。本当に、ありがたいです。
 家庭で過ごす時間が長いと、経験が限られてしまいがちだし、家族の負担が大きくなってしまうのですが、出かける場所があって、家族以外の人と余計なプレッシャーを感じることなく過ごせるのが、ありがたいです。
「行かなければならない所」だと、しんどい時でも無理をしがちですが、「居場所」は、もっと気楽に考えれるので、本当に行きたい時に行けますね。入会の煩わしい手続きもいらないし、帰りたくなったら途中で帰ることもできるし、行きたくない時には行かなくていいと気軽に考えられるから、親としてはありがたいです。
スタッフの方たちにもボランティアの方たちにも、お世話になって、感謝しています

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional